自分に自信がないからこそ話を聞こう

SHARE

自分に自信がないからこそ話を聞こう

こんにちは!はてなスターを見てニヤニヤが止まりません、サトシです。まだ数個だけど(‘ω’)

先日講座旅行で岡山県に行ってきました!講座旅行は研究室単位で行く旅行のことです。たいていの研究室では年に一度や二度、講座旅行があると思います。

今回は夜の飲み会の席で、先輩とぼくの同期が興味深い話をしていたので、自分なりにまとめて書いてみます。

成長するための話の聞き方についてです。

いや、違うんすよ

話の始まりは、ぼくの同期のAくんが人の意見を聞くときに、最後まで聞かずに『いや違うねん』、『いや違うんすよ』と言ってしまうということから。

掘り下げていくと、自分に自信がないから、自分を守りたいから、防衛本能で自然と出てしまうということだった。

ぼくはけっこう共感できました。ぼくも自分に自信はないほうです。それで友達と話しているときも、なんか言い返したくなっちゃうんですよね。それで言った後に、『あっ最後のあれ絶対にいらなかったよなぁ』と一人で反省しています(笑)。意識して変えようとは思っているんですけど。ぼくも彼と同じだ。

でも『いや違うんすよ』で話の腰を折られると、話し手も話す気がなくなってしまいますよね。ていうか普通に気分よくないですよね。

そうしていると相手からの意見をもらうことが少なくなってしまい、成長のチャンスを逃すよ、と先輩。

まずは聞こう

先輩のアドバイスはシンプルで的確でした。

①成長するにはまずは相手の意見を最後まで聞くこと。

②それから自分の中で相手の意見を消化すること。自分で一回考えてみること。

③それで自分の考えと違っていれば、意見を返してみる。または質問。それとも相手の意見に同意するなら、それは勝ち負けなんかではなく、素直に受け入れること。

特に質問を返す場合には②がとても重要。どこまでわかったのか、どこがわからないのか、何を知りたいのかを明確にすることで、質問の意義がグッと上がるから

まとまると、聞く➡消化➡反論(質問) or 同意

個人的な実感なのですが、自分含めて理系大学生ってプライドがちょっと高くて、他の人の意見を素直に受け入れるのが苦手な人が多い気がします。そういえばホリエモンもプライドは低いほうがいいって言ってたなぁ。

自分の意見を持っているのは素晴らしいことだから。無理に自分の意見を変える必要はないから。まずは聞こう。

ぼくも思い返すとちゃんと話って聞けてないかも。。。こんな話ができる先輩が研究室にいて幸せだと思いました。先輩が卒業してしまうまでに、もっともっと吸収させてもらおう!今回はこの辺で。

どろんっ

(はてなスター押してもらえると超超超嬉しいです。モチベーションもめっちゃ上がります。よければお願いします(‘ω’) )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です