【目標年間60冊】2017年理系大学生の読書リスト

SHARE

【目標年間60冊】2017年理系大学生の読書リスト

f:id:lemonSato:20170220225525p:plain

 こんにちは、ラボ畜ブロガーのサトシ(@rabotiku_sato)です。

ぼくの今年の目標に、「本を月5冊つまり年60冊読む」というのがあります。2月ごろにこの目標を立てたので、1月は守れていません。

だからこれから巻き返していきます!

備忘録もかねて、ここでは読んだ本と簡単な感想をまとめていこうと思います!

1月(1冊)

武器としての書く技術【1】

職種は何であれ、文章を書く人には超オススメ。

ただの「日記」→価値ある「記事」にする方法がわかる!

タイトルの付け方、人を引き付けるマジックワードなど、具体的なテクニックも勉強になった。

あと、文章を書く上での考え方もとっても参考になりました。

全体を通して、イケダハヤト氏らしく読者を煽ってくれます(笑)

【評価】★★★★★

 

2月(5冊)

ぼくは愛を証明しようと思う。【2】

猛烈にナンパにチャレンジしてみたくなりました(笑)

コミュニケーションに役に立ちそうなテクニックがたくさんありました!

中には行き過ぎたものもあったので、鵜呑みにするのはまずいかな。

読み物としてはけっこうおもしろかった!
アドレナリンがめっちゃ出る(笑)

【評価】★★★★☆

 

「わかりやすい」文章を書く全技術100【3】

kindleのオーナーライブラリを利用して無料で読んだ本。

たしかにわかりやすく文章を書く技術が多数紹介されてはいたんです。

でも「当たり前じゃね?」という内容がすごく多かった。

かるーく読むくらいで、ちょうどだと思います。
購入しても99円なので。

【評価】★☆☆☆☆

 

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール【4】

ぼくみたいなコミュ障にオススメしたい本!

ちょっとビジネス会話よりの内容だったけど、会話の話題の見つけ方、盛り上げ方を丁寧に解説してくれています。

【評価】★★★★☆

 

人を操る禁断の文章術【5】

「文章は読んでもらうためではなく、行動してもらうために書く」という考え方の下、実践的なテクニックが盛りだくさん!

「あれこれ書かない」や「きれいに書かない」、もはや「自分で書かない」などなど。

文章を書いてお金をもらいたい人には必読の本。

【評価】★★★★★  

 

LOVE理論【6】

2015年4月~放送されたドラマの大ファンだったため購入。

BTO理論、大変じゃない?理論など、独自のLOVE理論が超面白い!

エピソードが面白すぎて、ずっと笑いっぱなし(笑)

ふざけているが、恋人がほしい人に使えるテクニックが盛りだくさんの一冊。

超おすすめ!

【評価】★★★★★

 

3月(1冊)

大人になってからの海外生活 in オーストラリア【7】

本じゃないです(笑)ブログです。

64記事すべて一気に読んじゃったんです。大体の文字数を計算してみると、15万字くらいで、本に相当する量だったので、読書リストに追加。

ワーキングホリデーの年齢制限ギリギリ、30歳で単身オーストラリアに渡られた方の、まるでフィクションのようなリアルな記録。

ぼくも後悔しないようにチャレンジしなくちゃな、と思わせてくれました。

海外に興味のある方、時間のある方にはぜひ読んでほしい!

【評価】★★★★★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です