【実質待ち0分!?】セブ島で洗濯に困ったらこのコインランドリーへ!

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

海外旅行をしていて、洗濯って案外困りますよね。

  • 計算違いで服が足りない
  • 予想よりも服が必要になった
  • ゲストハウスが洗濯するのに不便すぎる

 

この記事ではセブに旅行中・滞在中のあなたに、超便利&超快適なコインランドリーを紹介したいと思います。

中心地にあるのでアクセスもいいですよ。

このコインランドリーには、ある秘密があって実質の待ち時間は0分になることも!

 

ハンパないコインランドリー『Cafe Launderette』

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

セブにあるハンパないコインランドリーはここ『Cafe Launderette』!

ちょっと離れたところからみると、こんな感じ。

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

『Cafe Launderette』という名前から、お察しかもしれませんが、実はカフェが併設されているコインランドリーなんです!

ランドリーカフェというらしい。

これが実質待ち時間ゼロの秘密!

洗濯をお願いしているときに、カフェで友達と喋ったり、スマホをぽちぽち(もちろんWi-Fi有)。

一息ついている間に、洗濯完了!が可能です。

最高ですね!

さらに!セブ島のコインランドリーは日本と違っていて、まだまだ快適ポイントがあるんです。

 

セブのコインランドリーは日本と全然違う!

セブ島のコインランドリーには日本と違う点が有ります。

実は、フィリピンのコインランドリーには必ずスタッフがいて、洗濯をすべてやってくれます。

しかも洗濯後、乾燥して、たたんでくれて、綺麗にパックして返してくれます。

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

実際にこんな感じで返ってきます

日本だと、お金を入れて、洗濯物を入れて、洗剤をいれて、乾燥機に入れ替えて、、、、ってめんどくさいじゃないですか。

その手間が一切ないので、ほんとに楽!

しかも横にはカフェがありますからね。待ち時間がまっっったく苦になりませんでした。

 

気になる料金は110ペソから重さで変わります

料金 待ち時間 セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

コインランドリーの料金表

ペソについて

だいたい1ペソ=2.1円(その時々のレートによります)

ペソを2倍すれば、だいたい日本円に変わります。

例:100ペソは約200円

そんな至れり尽くせりなコインランドリーですが、気になるのはお値段。

値段は持ち込む洗濯物の重さと、洗剤の持ち込みの有無で変わります。

  • 3kgまで110ペソ
  • 5kgまで140ペソ
  • 7kgまで160ペソ
  • プラスして一律洗剤代30ペソ

 

洗濯物の重さっていまいちピンとこないと思うので、ぼくが洗濯をお願いしたときのデータを参考までに紹介します。

  • 長袖パーカー×1
  • Tシャツ×3
  • パンツ×3
  • ショートパンツ×1
  • スポーツタオル×1

これ全部で1.3kgでした。

だから洗濯物3kgってけっこうな量。ちなみに3kg以下でも110ペソかかります。

友達と滞在されている方は、一緒にお願いするのがおすすめ!

 

実際に使ってみた!ランドリーカフェに洗濯をお願いする流れ

ここからは実際にぼくがこのランドリーカフェ『Cafe Launderette』を使ったときの様子を書いていきます。

さっきも書いた通り、日本と違ってフィリピンのコインランドリーでは、スタッフの方が洗濯からたたみまでしてくれます。

実際に使ったときの手順はこんな感じ

  • 洗濯物をカウンターに持っていき重さを測る
  • 重さに応じて、料金を支払う(洗剤持参ならこのとき申告)
  • 引換券をもらう
  • となりのカフェ(外でも全然OK)でゆっくり自分の時間
  • 1時間くらいで完了するので、引換券をもって取りに行く

ぼくの場合は重量が1.3kg、洗剤を持ち込んでいたので合計110ペソでした。

お金を払うと引換券がもらえます。

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

洗濯物を預けるときに、洗濯物の種類と枚数を数えるのですが、それが書いてます。

あとはゆっくり待つのみ!

となりのカフェ情報|安くてオシャレで使いやすい

実際にとなりのカフェも使ってみたので、カフェ情報も書いておきますね。

結論から言うと、安くてオシャレで超使いやすい。

内装はこんな感じ。落ち着くデザインでとっても居心地ナイス。

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

となりのカフェのオシャレで落ち着く内装

ちなみに無料Wi-Fiが飛んでいて、左に見えるソファ席にはコンセントもあります。

ゆっくりするための条件全部そろってますね。

ちなみにメニューはこんな感じ。

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

ドリンクメニュー
コーヒー45ペソ〜、コーラ15ペソ〜
写真にはないですが、スムージーなどもあります

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

フードメニュー95ペソ〜
写真に写りきらなかったメニューもたくさん
例:パスタ、肉料理、フィリピン料理

完全に余談ですが、7ヶ国語が話せる人生チートみたいな人とその友達に出会って楽しかったです。

こういうのがひとり旅の醍醐味ですよね。

カフェでゆっくりしているとあっという間に洗濯物完成!

余裕をもって初めは2時間くらいかかると言われるかもしれませんが、そんなに混んでいなければ、一時間程度で完成します。

心配な方は、洗濯物を預ける時に急いでいると言えば大丈夫。

綺麗にパックされて返却!

セブ コインランドリー ランドリーカフェ 洗濯 困ったらここ

洗濯物と一緒に、引換券の控えが入っています。

引換券の控えには預けた洗濯物の種類と数が書いてます。

万が一洗濯物が足りなければ、これをもってクレームをいいにいきましょう!

 

以上、ちょっと長めにカフェでゆっくりしていれば、実質待ち時間ゼロでコインランドリーを利用できるというお話でした!

 

まとめ|ランドリーカフェは格安で超便利!

ということで、このランドリーカフェ『Cafe Launderette』は超おすすめ!

ハンパなく快適でした。

となりのカフェでちょっと長めにゆっくりしているだけで、洗濯が出来上がっているのはホントに気持ちいい!!

ぜひセブシティで洗濯にお困りの方がいらっしゃいましたら、使ってみてください。

また、普段なら自分で洗濯派のバックパッカーさんも、200円程度なのでプチ贅沢として利用してみてはいかがでしょうか。

 

▼コインランドリーカフェ『Cafe Launderette』の諸情報です。

  • 営業時間:7時〜23時(カフェは21時閉店なので注意)
  • 定休日:なし
  • 洗濯料金:3kgまで110ペソ、5kgまで140ペソ、7kgまで160ペソ。プラスして洗剤代30ペソ。
  • カフェ料金:ドリンク15ペソから、料理95ペソから
  • アクセス:オスメニアサークルから徒歩9分程度(700m)。薬局『Doctors Choice』の横です。
  • 備考:洗剤を持ち込むと30ペソOFF、無料Wi-Fi有り

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です