周りのタイピング音がうるさい時の逆転の発想的解決法。

こんにちは、ラボ畜ブロガーのサトシ(rabotiku_sato)です。

ぼくは今大学4年生で平日毎日研究室で過ごしていて、もうそろそろ卒業論文を書き上げる時期になってきたんですよね。

卒論の時期になると、みんないつもにまして文字を打つようになるんです。

カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン、カタカタカタカタカタカタカタッターン

。。。。。

うるさい。。うるさい!!

みなさんの周りにもいませんか、タイピングうるさい人。

ぼくそういう音が一度気になると、ずっと気にしてしまうので、めちゃくちゃ困っていたんです。

もちろん以前に何度か注意しています。
でも治らなかったのでこれは無理だな、と思ってなんとかこっちで対策打てないかなと考えていました。

そこで逆転の発想でいい解決方法を見つけましたので、そちらを紹介していこうと思います!

逆転の発想とは

前は多少タイピング音が気になっても、イヤホンをして音楽を聴いていれば何とかなったんです。でも、卒論の時期ということもあって、いつもに増してうるさいので、それでは不十分になってきたんです。

そこで考えたんです。静かな雰囲気にカタカタというタイピング音が入るからノイズになるんじゃないのかなって。じゃあ逆にタイピング音を自分から聞いちゃえば、ノイズがノイズじゃなくなるのでは。

f:id:lemonSato:20170112213104j:plain

つまり逆転の発想とは、タイピング音を減らすことが難しいなら、タイピング音をわざと聞けばいいんじゃないかってことです。具体的にはYouTubeでタイピング音を聞いています。

ぼくが最近ずっと聞いているのはこれ↓↓↓

軽やかなタイプ音と、スムーズにカタカタしてくれるところがとても気に入っています。

一見それじゃあ余計にうるさいだけなんじゃと思われますが、以外にも全く気になりません。

むしろ心地いいんです(笑)作業用BGMといった感じです。

またこの心地よいカタカタ音がとなりの人のうるさいカタカタ音を打ち消してくれるんです。快適の極みでした。

やっぱり静かなところにタイピング音があるから、ノイズとして目立ってしまって、気になってしまったんだなと感じました。

ちなみにこのタイピング音を上げていらっしゃる方は、他のいろんなキーボードでもカタカタ音を動画に取ってくれています。その数軽く50種類オーバーです。よかったらお気に入りのタイピング音を探してみてください。

もうひと工夫

でも正直タイピング音を聞いているだけだと何とも味気ないんですよね(笑)

だからいつもタイピング音にかさねてヒーリングミュージックを聞いています。

こんな感じのやつです↓↓↓

こうすると本当にリラックスできます。

タイピング音とヒーリングミュージックを組み合わせることで、周りのうるさいタイピング音を打ち消し、集中して仕事、作業に取り組むことができると思います。

ヒーリングミュージックだけだと、タイピング音がうるさいし、タイピング音だけだと味気ないので、ダブルで使うのがオススメです!

あと、タイピング音にかさねて普通の音楽を聞いてみたんですけど、やっぱりタイピング音が音楽をジャマしてしまうので、ぼくはあんまりいいとは思いませんでした。

さいごに

今回は周りのタイピング音がうるさい時の自分でできる対処法を書いてみました。よかったら試してみて下さい。ただイヤホンを使って音楽を聴ける環境にあることが条件なのですが。。

あと、周りにとって自分がうるさくなっていないか、今一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したタイピング音だけでなく、貧乏ゆすりや、ノック式ペンのカチカチ、食べる時音を立てる(クチャラー)など、周りの人の気に障る音を立ててしまう、何気ない行動はいろいろあります。

こういうのってなかなか注意しにくいので、たまにみんなが自分自身で見つめ直してみてはいかがでしょうか。それぞれが自主的に直してくれるようになったら、みんながより気持ちよく仕事ができるようになると思います!

それでは!
どろんっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です