【英語 発音】斜体の発音記号 ə (eの逆さま)の読み方は?省略されがちな音

英語の発音記号をみていると、たまに斜体の発音記号を見かけませんか?

ə

これです、これ。

この記事ではこの斜体(イタリック体)の発音記号 ə (eの逆さま)の読み方をサクッと解説します!

ほんの数分で読めます!

 

斜体の発音記号 ə (eの逆さま)は基本は普通の ə と同じ

斜体の発音記号 ə ですが、基本的には斜体でない普通の発音記号 ə と同じです。

発音記号 ə を知らない方に向けて、『eの逆さま』『eの逆』とよく言われる、発音記号 ə についてサクッと解説しますね。

(すでに ə を知ってるよという方は次の見出しまで飛ばしてください!)

発音記号 ə はシュワサウンド(schwa sound)と呼ばれる音です。(シュワサウンドという名前は覚えなくてOK)

このシュワサウンド ə はあいまい母音と呼ばれ、読み方は「あ」でもない「う」でもない感じ。

口を指一本分くらい半開きにして、ぼんやり「あ」と「う」の中間の音を出してみましょう!

それがシュワサウンド ə です。

シュワサウンドを使った単語の例

  • about /əbaut/ (ゥバウトゥ)
  • lemon /lemən/ (レムン)

(※正確な発音ではありませんが、分かりやすいようにカタカナで表記しています)

 

この記事の主役は斜体の ə なので、シュワサウンドについての説明はこれくらいにしておきます。

もっと詳しくシュワサウンドについて知りたい方は、あいまい母音シュワ ə (eの逆さま)の読み方を分かりやすく解説!を見てみてください。

 

斜体の発音記号 ə 省略されがちな音

繰り返しになりますが、斜体のシュワ ə と普通のシュワ ə は基本的には同じです。

ミミ

じゃあ違う点はどこなの?

では斜体のシュワと普通のシュワの違いは、どこにあるかというと、斜体のシュワ ə は通常よりも弱く読まれる、人や場合によっては省略される音であることを示しています。

つまりこんな感じ。

  • 普通のシュワ ə :普通のあいまい母音
  • 斜体字 ə :省略されがちなあいまい母音

斜体時のシュワが登場するのはこんな単語があります。

(ex) various, novel, general, …etc

イメージしにくいので、例を上げて説明していきますね。

(例)variousで2つのシュワの違いを解説

今回はvariousを例に上げて説明します。

variousの発音記号は /véəriəs/ です。

細かくて見えにくいかもしれませんが、

  • 3文字目のシュワが斜体字(赤太字)
  • 最後から2番目が普通のシュワ(太字)

です。

ここで斜体のシュワ ə はしばしば省略されるとのことでした。

だから、このvariousは次の2通りの読み方ができます。

  • /vériəs/ ヴェリ
  • /véəriəs/ ヴェ

(※正確な発音ではありませんが、分かりやすいようにカタカナで表記しています)

このように、斜体のシュワ ə は弱く読まれがち、省略されがちという点が普通のシュワ ə との違います。

一言MEMO

ちょっと注意点。

実は早い会話では、普通のシュワ ə も弱く読まれることも多いんです。

だからあんまり細かいことは気にせずに、シュワ ə は省略されがちな音とざっくり覚えればOK!

 

まとめ|斜体のシュワ ə は省略されがちかどうかがポイント!

斜体のシュワ ə (eの逆さま)は弱く読まれがち(人や場合によっては省略する)

  • 普通のシュワ ə :普通のあいまい母音
  • 斜体字のシュワ ə :省略されがちなあいまい母音

※早い会話では、シュワ自体 ə が弱く読まれる傾向にアリ

 

【補足】だんだん表記法が変化している|斜体のシュワ ə →(ə)

ちなみに個人的な所感としては、だんだん表記法が変わってきていると思います。

というのも、斜体のシュワ ə を使うのではなく、カッコつきのシュワ (ə) を使うようになってきています。

  • various /vé(ə)riəs/
  • novel /nάv(ə)l/
  • general /dʒén(ə)rəl/

(いずれもWeblioの結果)

たしかにカッコつきのシュワ (ə) のほうが、省略されがちというのが感覚的に分かっていいですよね!

 

おまけ|発音の勉強にオススメな参考書

おまけで発音の勉強にオススメな参考書を紹介します。

どれも実際に使った参考書です!

フォニックス発音トレーニングBOOK

英語の発音の入門編のド定番!

発音記号を自分で書き込みながら使うとメキメキ力が付きます。

ぼくもフォニックスから発音勉強をはじめました!

発音の入門書として最適の参考書。

 

英語耳

こちらも有名な参考書。

発音記号にそって説明してくれるので、発音記号をしっかり理解できます。

ただけっこう薄いので物足りなさはありますね。

 

英語の発音パーフェクト学習辞典

ちょっとマイナーだけど、30冊以上参考書を使ってきて一番お気に入りの参考書。

体系的に、理論に沿って発音を学べます。

本気で発音を勉強したい方には超オススメ!

英語の発音パーフェクト学習辞典は詳しく紹介記事も書いています。合わせてどうぞ。

関連記事:体系的に英語の発音が勉強できる最強の参考書[英語の発音パーフェクト学習辞典]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です