【eの逆さま?】カッコ付きの発音記号(ə)の読み方はこうだ!

英語の勉強をしていると、こんな発音記号を見たことありませんか?

(ə)

  • 「eの逆さまの ə ってなんやねん」
  • 「かっこつきってどういこと?」

いろいろツッコミどころがあると思います!

今回はこの(ə)を分かりやすく解説していきます!

 

カッコ付きの発音記号(ə)の読み方は紐解く

今回の解消すべき疑問は次の2点!

  • そもそも ə (eの逆さま)ってどう発音するの?
  • 発音記号のかっこってなに?

疑問点をひとつひとつ解消していきましょう!

 

発音記号 ə (eの逆さま)はあいまい母音

まずは『eの逆さま』『eの逆』とよく言われる発音記号 ə について解説していきます。

(すでに ə を知ってるよという方は次の見出しまで飛ばしてくださいね)

発音記号 ə はシュワサウンド(schwa sound)と呼ばれる音です。(シュワサウンドという名前は覚えなくてOK)

このシュワサウンド ə はあいまい母音と呼ばれ、読み方は「あ」でもない「う」でもない感じ。

発音の仕方は、口を指一本分くらい半開きにして、ぼんやり「あ」と「う」の中間の音を出してみましょう!

のどの方で音をだすイメージ。

それがシュワサウンド ə です。

シュワサウンドを使った単語の例

  • about /əbaut/ (ゥバウトゥ)
  • lemon /lemən/ (レムン)

(※正確な発音ではありませんが、分かりやすいようにカタカナで表記しています)

この記事の主役は斜体の ə なので、シュワサウンドについての説明はこれくらいにしておきます。

もっと詳しくシュワサウンドについて知りたい方は、あいまい母音シュワ ə (eの逆さま)の読み方を分かりやすく解説!を見てみてください。

 

かっこは弱く読まれる(人と場合によっては省略する)という意味

次にかっこの意味の解説をします!

(ə)のかっこは、弱く読まれる音(人や場合によっては省略する)であることを示しています。

  • 普通のシュワ ə :あいまい母音
  • かっこ付きシュワ(ə):省略されがちなあいまい母音

イメージしやすいように、実際に例をだして説明しますね!

 

(例)variousで2つのシュワの違いを解説

今回はvariousを例に上げて説明します。

variousの発音記号は /vé(ə)riəs/ です。

  • 3文字目がかっこつきシュワ(ə)
  • 最後から2番目が普通のシュワ

ですね。

ここでかっこつきシュワ(ə) はよく省略されがちとのことでした。

だから、このvariousは次の2通りの読み方ができます。

  • /vériəs/ ヴェリス(ə の省略)
  • /véəriəs/ ヴェ

(※正確な発音ではありませんが、分かりやすいようにカタカナで表記しています)

このように、かっこ付きシュワ (ə) は弱く読まれがち、省略されがちという点が普通のシュワ ə との違います。

 

一言MEMO

実はかっこ付きシュワ (ə) と似た表現で、斜体字(イタリック体)のシュワ ə があります。

ただの表記法の違いと思ってもらってかまいません!

斜体字のシュワ ə も省略されがちなあいまい母音です。

一言MEMO

もう一つ補足!

実は早い会話では、普通のシュワ ə も弱く読まれることも多いんです。

だからあんまり細かいことは気にせずに、シュワ ə は省略されがちな音とざっくり覚えればOK!

 

まとめ|かっこつきシュワ (ə) は省略されがちなあいまい母音

かっこつきシュワ (ə) (eの逆さま)は省略されがちなあいまい母音

  • 普通のシュワ ə :普通のあいまい母音
  • かっこつきシュワ (ə) :省略されがちなあいまい母音

※早い会話では、シュワ自体 ə が弱く読まれる傾向にアリ

 

余談|かっこって英語で何ていう?

さいごに余談ですが、かっこって英語で何ていうかわかりますか?

気になる方は『かぎかっこ』は英語で何?他かっこの英語表現もまとめてみた!をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です